FC2ブログ

大透翅の鱗粉

プログラマーと腐女子をやっているとある人のいろいろ

2019/04/03

  1. 2019.
  2. 04.
  3. 03
  4. (Wed)
  5. 23:41
突然ですが、虫は好きですか?

自分は幼少期から虫が大好きでした。

このブログの名前もオオスカシバという蛾の名前をつけています。


自分の三大推し虫はカブトムシ、クワガタ、蛾

これはずっと揺らがないと思う。


…といっても、数年前までは蛾がすごく苦手でした(笑)

小さい頃、落ち葉だと思って蹴っ飛ばしたのがでかい蛾で

思わず悲鳴(笑)

母に追い払ってもらいました。母強し。

そういうことがあって蛾が写真で見るだけでも駄目なくらい苦手でした。


じゃあなんで今はこんなに好きになったのか。

きっかけは先ほども名前が出た、オオスカシバでした。


専門学校時代、授業が暇だったので虫の写真を調べていました。

その時にオオスカシバを初めて見たのですが

ドストライク。

こんなに可愛い虫いたの?

なんで教えてくれなかったの?

どこにいんだよこんな可愛い虫!!

と必死こいて調べて衝撃。

こいつ、あの憎き蛾なのかと。


そこから自分は勇気を振り絞って蛾を克服することにしました。


まずはチャームポイントを探すところから。

翅の模様にはまだ慣れていなかったので

顔を重点的に見ることに。


…もふもふ

そして顔が猫のような、そんな愛くるしさがある

…蛾ってこんなに可愛いのか……


今では蛾を指に乗っけることができるくらいには好きになりました。

日本には毒を持つ蛾も少ないですのでね

いや、ゼロではないんですけども


で、ですね。

実は本題はここからなんです。


昔よく「女のくせに虫が好きだなんて気持ち悪い」

って言われたんですよ。

女のくせに???ん???

虫が好きなことに性別って関係あるのかい???え???


っていうか、何かが好きだっていうのに性別って関係ないですよね???

じゃあおめー虫嫌いな男には「男のくせに虫が嫌いだなんて情けない」

なんて言うのかい???

ってすっごく思いましたね。


何かを好きになることに性別とか年とかって関係ないと思うんですよね。

最近までやっていた、特撮●ガガというドラマもそのようなテーマでしたが。

少なくとも、そういう簡単に変えようのない属性とかを使って

人の好きという気持ちを否定したりバカにしたりしてはいけない。

そう思うのです。


人間誰しもが同じ感覚を持っているわけありません。

当たり前のことなんですけどもね。


そして好きという気持ちに良いも悪いもありません。

例外はありますけども。それこそ薬物とか、そういうの。


人の好きという気持ちに関して自分のスケールを持ち出してあーだこーだ言う権利なんて

誰も持っていないと思うんです。

人の好き嫌いを勝手に評価するな。


と、昔のもやもやが出てきたので

殴り書きしてしまいましたが

これはあくまで個人の意見ですので…


ちなみに最近は「女のくせに」が抜けて

「虫が好きだなんて気持ち悪い」

と言われます。

慈悲感くれ。


この記事を読んだ人はぜひオオスカシバ、調べてみてください。


っていうことで。
スポンサーサイト



COMMENT

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

side menu(1)

プロフィール

もんめんま

Author:もんめんま
プログラマーになりたて。腐女子歴はn年。好きなゲームはくにおくんとVVVVVV。仕事の備忘録だったり、ゲームの話だったり、思ったことなんでも書いたり。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_green

side menu(2)

検索フォーム

twitter

RSSリンクの表示